奄美大島でダイビング、シーカヤックなどのマリンスポーツ、親子で海遊び、ビーチキャンプBBQはおまかせ

観光ガイド

FrontPage

観光ガイド

奄美海族塾の奄美自然探検隊

マングローブツアーを開拓した塾長が山族塾も含めたお手軽かつ
奥深い奄美の自然を巡るコースをリリースしました。12,000円/人
画像の説明 画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明 画像の説明

下記の観光名所はもちろんご要望に応じてディープな日本とのかかわりを開設する歴史ロマン古道もご案内いたします。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

便利電話帳

奄美空港総合案内 0997-63-3100
奄美観光物産協会 0997-54-4991
奄美市役所 0997-52-1111
奄美博物館0997-54-1210
奄美海洋展示館0997-55-6000
奄美パーク 0997-55-2333
マングローブパーク 0997-56-3335
マルエーフェリー 0997-53-2111
里見海運 0997-53-3112

島内観光

大航海時代の前に東アジアの大航海時代があった。奄美の歴史が面白い。ラピタ・ポリネシア人の超大航海の頃。

関係しそうな世界の歴史も記載しました。興味のある人は、奄美道の島の歴史へどうぞ。日本の交易史と日本が形成される過程がも見えて面白いですよ。
奄美が道の島と呼ばれたころの古道を歩くのもとても面白いです。
ガイドは奄美海族塾にお任せください。日本の海賊のお話をしましょう。

観光名所

画像の説明 画像の説明
奄美大島の自然は、何と言ってもハブに守られてきたためか、気軽に分け入ることができない奥深さがある。
そこで案内人しだいで旅の面白さも変わってくる。おまけに島と言っても本当に大きな島なのである。下手をしたらただのドライブで終わる。

レンタカーを借りて走り回るのも良いのですが、計画を詰め過ぎて夕食までにホテルへチェックインできない、戻れないという失敗談をよく耳にする。
ネット調べて計画したらホテルのフロント等で確認したりアドバイスを聞いてから出発することをお勧めします。

10月以降、涼しくなり自然観察に最適な時期は、濡れなくてもいい、ウォーキングとしても最適な国定公園を遊歩道で巡る奄美海族塾オリジナル観光コースをお勧めします。

マングローブ原生林歩道、森と美しい海岸の共存歩道と歩いて側まで行ける森の中に現れるフナンギョの滝、大浜の夕日などを1日で巡る ・・・1名8,000円 2~3名まで12,000円

奄美大島の歴史を世界の大航海時代と絡めて面白くご案内する
道の島古道のガイドもお任せください。

料金同上

参考外部リンク 
奄美探検マップ
奄美大島観光ガイド

お勧めしたい観光ポイント 個人的見解ですが

ご案内は、奄美空港が島の北部にあるため、空港から近い北のほうから南下するように下記にご案内します。
到着日にレンタカーで、すぐ回りたい人向けです。また、宿が島の南部にあり最後の日に島内観光を予定する方は、逆パターンで計画されたら良いと思います。

空港
画像の説明 あやまる岬
笠利崎
屋仁集落まんてん市場
画像の説明 蒲生崎展望台
赤木名地区 赤木名グスクと代官屋敷跡  製糖工場
手花部地区 道の島古道 赤木名ー津代線 
画像の説明
奄美一のガジュマル垣とパパイヤ産地
平・節田地区 天孫降臨伝説アマンデー 奄美パーク・田中一村記念館

龍郷地区 西郷隆盛流刑地住居跡 奄美自然観察の森
住用地区 マングローブパーク

画像の説明

フナンギョの滝

島の行事体験

奄美は、何回も来島して気ずく良さがある。それは、不変的な島の時の流れである。人の持つ本来のリズムに気づかされる。そこが、おもしろい。
それを体験するには、「集落(シマ)の行事を体験するのが良い」と断言してもいいと思っています。
歴史が苦手な人でも、解説付きで体験すれば、間違いなくハマるでしょう。

お勧めの行事

6月 浜おれ、舟こぎ競争
7月8月 夏祭り、舟こぎ競争
奄美祭り 島唄大会

公的イベントは、奄美市のHPへ外部リンク
こちらへ

a:3294 t:1 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional