奄美大島でダイビング、シーカヤックなどのマリンスポーツ、親子で海遊び、ビーチキャンプBBQはおまかせ

FrontPage

海遊びなら 海族パラダイス 奄美海族塾へようこそ

毎年、回遊魚のように訪れる海遊人が増えてます

※海遊人達を「海遊民族」と名付け「海族」と呼び海族のパラダイスを目指しています
最も近い南の島、海遊び基地 キャリアのなせるお手頃価格に自信あり!ここでは泳げない人も安全に多種多様マリンスポーツが簡単に楽しめ、自然生活体験型のキャンプ・コテージ宿泊もできます。
※マリンサービスは他のホテルからの利用者も大歓迎・送迎可能です。
※空港から近く、遅い到着便でも直行送迎で十分遊べます。
大人もこどもも画像の説明わんぱくに遊ぼう!
この湾は悪天候でも何かできるかも!? 雨でも営業中 090-9577-4175ビーチ直通へ

お得な海族ニュース  ➡海族ニュース録

秋冬こそキャンプを始めよう! ビーチバーベキュー付はじめます。
日本全国、雨の多い夏から秋冬へ、奄美の真っ青な海、満天の星、朝焼けの海にサンセットの海!海遊び諦めていませんか?
当日ご予約:可能です。お電話ください 。
ウェットスーツ着用で楽しめます。 着けたら暑いくらいです。
2017お得な秋冬メニューこちら
体験ダイビング、リフレッシュダイビングもお任せ下さい
レア体験・感動の奄美の自然体験コース もこちら
イベント開催 草舟を作ろう! 10/14,15
葦舟で大航海をした第一人者 石川 仁さんを迎えて奄美にある草で舟を作り試乗。
詳しくは、https://www.facebook.com/events/292966597773840/?ti=cl
https://youtu.be/cKqIZYC7-s
海族同盟 カムナ葦船プロジェクト http://kamuna.net
海族ニュースの詳細は・・・>海族ニュース録 でご確認ください

マリンスポーツは楽しい! 奄美諸島最多アトラクション

そもそもマリンスポーツを知らない人はこちらからどうぞ目次

空港・近隣宿泊先へ無料歓送迎の可能性あり・・・到着日もレンタカーが予約できなかったら海遊び!
シュノーケリング シュノーケリング・手乗り熱帯魚 ウィンドサーフィン 海への入口
シュノーケリングで熱帯魚の餌付け  ほぼ必ず乗せるウィンドサーフィン
画像の説明 体験ダイビング 体験ダイビング

画像の説明
親切講習の体験ダイビングでもお魚に囲まれちゃいます
ビーチ休憩所 シーカヤックetc 画像の説明 画像の説明
シーカヤック  朝焼けツアー、スターライトツアーも感動
水上バイク 画像の説明 バナナボート

バナナ・ブッバ
スリル満点の水上バイク   海の絶叫マシーン・バナナボート      
スタンドアップパドルサーフィンSUP 暁のカヤックツアー サーフスキー

画像の説明
SUPパドルサーフィン   簡単にできる水上スキー的サーフスキー
ビーチバーベキュー 体験釣りとBBQ 画像の説明

画像の説明
夜空を見ながらのB.バーベキューも最高です

たった1日でいくつもマリン体験するならここ

あなたの希望・全部・できちゃう率ほぼ100%

○スクール技術を追求、短時間でいくつものマリンスポーツを上達。ほぼ日本唯一の総合マリンスポーツ塾、海遊びもメニュー豊富 スクールやツアーで海・自然の感動体験を提供します。
○初めての海遊び・体験ダイビングウィンドサーフィンシーカヤックなどのマリンスポーツビーチキャンプ、バーベキューなどご希望通りに組合せ可能・・>海族塾メニュー 
■今、シュノーケリングで熱帯魚の餌付けとボートツアーが人気 …>熱帯魚の餌付け
■人気急上昇ウィンドサーフィンも30分でできる人続出・・・・・>自慢のスクール
シーカヤック、SUPならすぐにウミガきメもいるきれいな海へツアー・>その理由は
■体験ダイビングこのシステムだから簡単に感動の海中へ
■南西諸島一のキャリアが可能にする最多メニューと
・・・・・・・・・・・・・・・・・超お得なセットコース料金 ・・>海族塾メニュー
■たっぷり楽しむための少人数制 ・・・>海族塾スタイルとは

奄美海族塾風景

施設風景  マリンキッズ  キッズカヤック  キッズ親子カヤック  バナナボート
子供から大人まで、わんぱくに遊ぼう 親子で海遊び 絆を深めます
釣り  長期滞在・宿題もやる  やっぱり砂に埋まる  海仲間はずっと友達  小学生でもウェイクボード

セイル干し場 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

※質問はお気軽にこちらから、体験後はブログ海風通信をお楽しみください。ブログへの写真掲載やコメントはこちらへ

猫アレルギーの方はご注意ください

ある日突然、奄美海族塾に子猫たち。最初から人懐こかったです。たぶん近くで捨てられたのでしょう。夕食時に「助けて」とスリスリ。とても追い出せません。そのまま保護。
ラブラブな猫 とても猫とは思えない愛情表現。
ビルスとジジのオス2匹は、とても甘えん坊です。メスのミーちゃんは、警戒心が強いです。少し大きくなるまで1人で生きてきたからでしょう。
甘ちゃん達がお客さんにすぐにスリスリしていくので、恐れ入りますが猫アレルギーの方は、来店時にお知らせください。

奄美海族塾Facebook へ・・・・・・奄美海族塾Twitter  へ・・・・・・
ドローン映像 https://youtu.be/tJ_aDmKYq1g

最後までご覧頂きありがとうございます。

旅に出てその地に行きその場で分かることがある。不思議と視界が開けたようなことがある。気付きであったり縁を感じたりします。
旅の出会いを楽しむ歩き方がこの島には相応しいと思います。
考えてみると、縁とは、人柄と共に「情報」を持っている人と人の 「出会い」であり、巡り会う時と場所は必然かもしれない。

地元が近所なのに奄美で初めて出会うということも時々あります。
奄美海族塾での出会いが人生のプラスになることを願っています。

人は、経験を積めば、もしくは、残り時間が少なくなれば余分なものに諦めがつき、「これだけは、生きた証に表現しておきたい」というものに巡り合う。
それは、「思い」から「信念」に変わることであり、「覚悟」が決まることのようである。それを『宿命』とか『ミッション』とか言われることと思う。

私の場合は、日本にウィンドサーフィンが入りたての頃、(後にその他のマリンスポーツも同様に)つまりインストラクターの存在しない時代、手探りで覚え、何度か死にかけながら覚えた技術、初心者の過ちを体験して生み出したマリンスクール技術で誰でも簡単にマリンスポーツができるようにする「海族塾」と、

ウィンドサーフィンで島から島へと最長約40kmを横断した経験、クルーザーによる島周遊、先祖からの伝承、この地の歴史研究などから得た知見に基づいて、考古学では、捉え切れていない海からの視点で世界、中国、東南アジアと日本を結ぶ「道の島」を捉え、思いを発信することです。
古代妄想?と言う人もあろうことを承知で、道の島の歴史を考察発信していきます。 

Yahoo!ブックマークに登録Add to Google 

a:73342 t:32 y:28

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional