九州・琉球弧の環境センサー

地球が自転する限り、大陸からの風を日本で最初に受けるのがこの地域であることは誰もが知っていることです。
大陸の寒気団から噴出す冷たい北風、黄砂、冬の北風で流れ着く漂着物。
大陸の経済成長に伴い必ず公害問題が発生することは日本の歴史を見ても分る。
その公害の影響を受けるこの地域に環境センサーシステムを設置するのは国の義務である。日本を守るために。
数値を持って彼の国に抗議することは有効な国策と思う。
島民の安全のためのみならず。

a:1050 t:1 y:0

コメント


認証コード6893

コメントは管理者の承認後に表示されます。