続き

ここで注意してほしい。

セイルのセッティングがあまいと
ぎりぎり乗れる風が乗れない。つまり漂流の危険性が膨らむのである。技術ではどうにもならないことになる。

今日の風をよみ正確なセッティングをすれば、実力オーバーの風にも何とか還って来れたりするのである。

つまり、最初の準備をおろそかにするものは、ずっと苦労するのである。早めに対処できないものは、致命的状況に陥る。

人生も一度落ちたら、復活するのは難しい。
再チャレンジ可能な社会を総理が述べたが、チャレンジのスタートラインに立つのも難しい。

抜け出すには、導師がいたほうが良い。
ちなみに、私塾長は、人生の再チャレンジについていくらでも語れる。経験を持って。

悩める子羊はお便りください。少しは役に立つと思います。

a:999 t:1 y:0

コメント


認証コード0049

コメントは管理者の承認後に表示されます。