奄美大島でダイビング、シーカヤック、マリンスポーツ、親子で海遊び、ビーチBBQ、観光ガイド、マングローブツアーはおまかせ

超能力か? ついに塾長敗れる。

超能力か? ついに塾長敗れる。

マカンコウサッポウ コカンデハナイ ウミニキエタ
奄美海族塾にも、ついにあの技を持つ子供が現れた。

こんな小さな女の子なのに彼女たちの放つ「かめはめ波」らしき衝撃波は、あらゆる荒波を乗り越えてきた塾長も吹っ飛ばされた。

写真は、なにげに旅の思い出を撮影中に偶然写されたものである。・・・母親談。

両親、特に父親は10数年にもなるリピーターで親族みたいな付き合いなのですが、そして、その子供たちに海を教えていくことに燃えていた塾長なのですが、なんと彼は、いやあの気は、母ゆずり(醤油ではない)のものか、いずれにせよ子供たちに塾長を倒す技を教えていたようだ。

奄美の海で"初めてシュノーケリング"ができるようになり、船でサンゴの美しい場所に行き 熱帯魚をたくさん見て喜んでいたのに・・・。

塾長は再び立ち上がることができるのだろうか。
いや、やつは何度も立ち上がってきた。
今度もきっと・・・・・。               つづく

解説 (その手の専門家)
あれは、「感激波」と言う技で ありがとう の強い気持ちをぶつけるものらしい。

後日現れた塾長が語るに、胸の辺りに強力な波動を感じいつの間にか吹き飛ばされたらしい。そのあたりに痛みはなく温かさを感じた。いやその後別れの時痛んだらしい。
しばらくメロメロになる 恐るべき技である。

この子達は、今でも小田原あたりで爪を研いでいるという。
確か、もも、ななちゃんと呼ばれていた。
明日はあなたの街に現れるかもしれない・・・・・。

以下コメントに任せることにした・

a:1214 t:1 y:0

コメント

  • ありがとうございました

    双子の娘から繰り出す『マカンコウサッポウ』。
    通常は一枚目だけのようですが、監督兼俳優の演出で高クォリティな作品となりました。さすが塾長ですね。
    二人はシュノーケリングは初めてで、最初はおっかなびっくりで半泣きでしたが、最後には船で沖のポイントに家族4人で行くことが出来ました。二人とも感激していました。
    その感謝の気持ちがマカンコウサッポウに込められていたのかも(^^)
    素敵な休日をありがとうございました。


  • Re: ありがとうございました

    >>1
    こちらこそ毎度ながら誠にありがとうございました。

    この娘たちの恐るべきエネルギーは、今後人類の役に立つと思われるので、
    感激波研究所を塾内に設けることとし、お父さんとお母さんを調査隊隊員とし
    これからも成長記録をたくさん残すことを任務とします。

    それとお父さんの高血圧によく効く 自家製グゥワバ茶 を贈ります。
    お礼と隊員(退院)記念(祈念)です。
    お父さん、魚があまり釣れなくて入院したそうなので
    お詫びの気持ちもこめて

    皆さんお元気で     トートゥガナシ



認証コード0161

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional