地域貢献活動

手花部小学校 海の授業を続けておよそ20年

奄美海族塾は、手花部小学校近くにあります。
本校は、全国でも珍しい 授業で マリンスクールが行われます。
1年生から6年生まで 海に親しみ マリンスポーツができるように
授業のある日は、奄美海族塾で午前中 楽しく頑張っています。
もちろん 先生方も海に入り 頑張っています。
マリンスクール風景1

手花部小学校HPはこちら

近くの手花部小学校は、

かつては、生徒数が200人を超えていた時代もあるそうです。1879年創立の140年を超える歴史ある小学校です。
現在は、全校生徒20人足らずの小規模校となりましたが、特色ある教育で頑張っています。特に海も近いこともありマリンスポーツの授業がある全国的にも珍しい小学校です。20年を経過する活動です。
授業で着衣水泳、シーカヤックは最近では、よく耳にしますが
サップ、ウィンドサーフィンまで教えるところは聞きません。

また、これも全国的に例を知りませんが
この地域を俯瞰する奄美諸島を模した大島池が校内にあります。
池の中に奄美諸島の島々が形造られています。
時の校長の発案で、子供たちが広い視野を持つことを願い
地域住民が協力してできたそうです。
そして、それを130周年記念事業で校区民が半年以上かけて再整備しました。校区の人達の学校に対する思いの強い地域です。

空港からも近く奄美市役所笠利支所にも近く転校生の受入れも良く行われています。
海の近く、島で子育てを希望する方は、小学校のHPを除いてぜひお問合せしてみてください。

心細ければ もと民生員も務めた塾長がお手伝いします。

以下は、海の授業のシーンです。

tekebu1 tekebu2 tekebu3

tekebu4 tekebu5 tekebu6

tekebu7 tekebu8 tekebu9

a:218 t:1 y:0