奄美大島でダイビング、ウィンドなどのマリンスクール、親子で海遊び、ビーチキャンプBBQはおまかせ

FrontPage

海好きの海族パラダイス 奄美海族塾へようこそ

ここでは泳げない人も安全にいろいろ楽しめ、キャンプ・コテージ宿泊もできます。
大人もこどもも画像の説明わんぱくに遊ぼう!

たった1日でいくつものマリンスポーツを体験するならここ

スクール技術を追求、短時間でいくつものマリンスポーツを上達。ほぼ日本唯一の総合マリンスポーツ塾、海遊びもメニュー豊富 感動体験がテーマです。

初めての海遊び・マリンスポーツビーチキャンプ、バーベキューなどご希望通りに計画できるのもここだけ。・・>海族塾メニュー 

■今、シュノーケリングで熱帯魚の餌付けとボートツアーが人気 …>熱帯魚の餌付け
■例えばウィンドサーフィンでも30分でできる人続出。・・・・・>自慢のスクール
シーカヤック、SUPならすぐにウミガメもいるきれいな海へツアー・>その分けは
■南西諸島一のキャリアが可能にする最多メニューと
・・・・・・・・・・・・・・・・・超お得なセットコース料金 ・・>海族塾メニュー
■限定5組まで・・・たっぷり楽しむための少人数制  ・・・>海族塾スタイルとは
■わがまま相談×予算≒最善の計画・・・初心者こそ得意です

だから、あなたのやりたいこと・全部・できちゃう・マスターする確率ほぼ100%

めったにできない奄美の自然体験コースも超感動

山族の案内するマングローブカヤックツアーとシダの原生林も必見。
名所を短時間、格安でディープにご案内。 海族塾メニュー参照 [#pc9cc726]
■暁のシーカヤックツアー
朝5時くらいに夜明けの海にシーカヤックでツーリング、刻々と変わる空と海の色が本当に美しい
■ナイトツアー
1ナイトシュノーケリング
夜の魚たちの観察や安全を確保してプカプカと夜空の星を眺めるのも素敵です。
2シーカヤックのスターライトツアー
安全で波静かな湾内をシーカヤックでツーリング、ロマンチックです。いずれもショップの目の前なのでレスキュー体制も万全。
■チャレンジ奄美自然体験
海の名所かくれ浜と未だあまり知られていないヒカゲヘゴとマングローブ原生林などを1日かけて探検します。

近くて便利でお得、観光名所も近い

東京、大阪から2時間、鹿児島から1時間、奄美空港から15分、ビーチへ0分

■主要都市から最も近い南の島の海遊びの基地 ・・・・>アクセス施設風景
つまり 海遊びの旅の時短と格安価格を実現
空港が近く16:00に奄美到着でも19:00までひと遊び、出発直前まで遊ぶことができます。時間のない方もご利用ください。
■空港迎え、ホテル送りも可能
つまり 到着日もすぐに遊べる、遊ぶ間のレンタカー代も節約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時々海族ニュース

2016お得なセットメニュー価格はこちら 海族塾メニュー

2016ついにスタッフのみぞ知る海のナイトツアー開始

●宿泊代が無料に・・・>宿泊施設をご覧ください。
●奄美海族塾、満月と新月の日をカレンダーにアップしました。BBQパーティの参考にしてください。満月か満天の星か
●バニラエアがこの夏増便
●大自然を感じるチャレンジ奄美自然探検隊始まる・・>海族塾メニュー観光ガイド
●5・6月は、天然モズク採りシーカヤックツアーとホタルの乱舞見学ツアーを募集中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月の海の状況

青森の外崎さん 11.30の海 シュノーケリング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マリンスポーツは楽しい! ○海族塾メニュー参照

「お待ちしてます!」空港・宿泊先へ無料歓送迎あり
シュノーケリング 手乗り熱帯魚 ほぼ100%乗れるウィンドのスクール

海への入口 ビーチ休憩所 カヤックetc

画像の説明 画像の説明 「ホント楽し」

ビーチバーベキュー 体験釣りとBBQ ビーチバーベキューも最高です。

施設風景 マリンキッズ キッズカヤック キッズ親子カヤック ウィンドサーフィン バナナボート 釣り 長期滞在・宿題もやる やっぱり砂に埋まる 海仲間はずっと友達

キャンプもやろう ビーチへの入り口 セイル干し場 海族塾前の海 釣りも人気 釣果 小学生でもウェイクボード

大人気の海族塾スペシャル 格安

体験ダイビングウィンドサーフィンスクールパドルサーフィンスクール&ツアーシーカヤックスクール&ツアーシュノーケリングスクール&ツアービーチバーベキュー可etc.

ビーチパラソルよりオシャレなビーチテント
画像の説明 画像の説明 画像の説明
マリンスクール、海遊びのベースに使用

四方を虫よけメッシュににすることも、シートで囲ってビーチキャンプ用テントにすることもできます。
ビーチキャンプ
このタイプでのオーバーナイトはキャンプ気分満点
画像の説明 画像の説明
初めてのアウトドア・キャンピングにビーチキャンプは最適です。
右は、ビーチから高さ50cmくらいの高床でエアーベッド付きです。
キャンプで月 体験キャンプ 体験キャンプ
月や星も美しい、そして朝日も感動的です。暁のシーカヤックツアー、スターライトツアー、ナイトシュノーケリングでどうぞ!
コテージ宿泊やキャンプでも楽しめます

奄美へ出発前にお支払いをコンビニ決済、カード決済できるようになりました。ご希望の場合、目次のコンビニ決済をご覧ください。

※質問はお気軽にこちらから、体験後はブログ海風通信をお楽しみください。ブログへの写真掲載やコメントはこちらへ

奄美海族塾Facebook へ・・・・・・奄美海族塾Twitter  へ・・・・・・

海族塾の入り口

海族塾の入り口・幸せの海への入り口

海族の夢、小さなマリンパラダイスへの入り口です
南の島でお手軽にマリンスポーツ、海好きな人達のために作りました。
おそらく日本で一番海に近い海遊びの基地、滞在中タイムロスがなく、種類豊富なマリン機材で充実した海遊び・マリンライフな旅をお約束します。

.

海族塾のダイビングの練習中に浅いところに来る魚

海のベテランオーナーが南西諸島を巡りいくつもの自然条件から捜し求めたマリンスクールに最適で安全な場所にほぼ全て手造りの施設を創りました。(進行形)
目の前のサンゴの海はシュノーケリング、魚の餌付けが楽しめます。3才くらいの子どもでも親子で餌付けが楽しめるような安全でお手軽なツールも揃えてあり心配御無用です。
スクールの道具も誰にでも簡単にできるようこだわった道具を揃えています。
また海遊びの得意な皆様も楽しめる道具もいろいろです。

マリンスクールを開業して以来、約35年にわたり海の美しさと感動とすぐにできるスクールでマリンスポーツの楽しさと感動を伝えることにこだわって来ました。
海遊びへのこだわりのキャリアは日本一と自負しています。
特にこれから「海」を始める人たちのための体験コースはお任せください。

ビーチ風景

マリンスポーツの後にバーベキューで海を語る

島のゆったりとしたときの流れに癒やされるも好し、美しい海でアクティブにダイビングシーカヤックマリンスポーツを楽しむも好し、家族で南の島に青い思い出を描くのもまた好い
海辺のビーチベット、木陰のハンモック、ビーチorビーチサイドテラスでのバーベキュー、釣った魚、島料理に舌鼓 ご希望のスタイルで、極上の休日をどうぞ

.

ビーチ遊びが好きなミャーです・お昼寝中・リゾートライフ

ここでは、ネコでもリゾートしています。
少人数・予約制なので、まったりとしかも遊ぶときは、たっぷりと楽しむ。マリンスポーツの初心者でも贅沢な楽しい時間を過ごして頂けます。

セールの影で思索にふけるミャー

ビーチサイドテラスの夜明け サンゴを積み上げたインフォメーション

マリンスポーツが終わり海から出てきたら木陰に道具を置いてシャワー ハンモックのお昼寝は時を忘れます

幻の浜

通称かくれ浜。地元では「ナーバマ」。これを観光地として売り出したのはもう15年くらい前になりますか・・・。話題になるまで時間がかかりましたが、この干潮時にしか現れない砂浜は、与論や沖縄の沖合いに出る浜と違い潮の干満による激流の不安がない点です。そしてそのヘリが急激に落ち込んでいるけれど海峡部に見られるように恐怖を感じる深さではないことです。この砂だけの斜面から海面越しに空を見上げると不思議な世界です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

こまめに思いを伝えたいのですが、思うにまかせません。

その地に行く、その場に直面して分かることがある。不思議と道が開けることもある。気付きです。縁を感じます。

考えてみると、縁とは、「情報」とそれを運ぶ人との 「出会い」であり、巡り会う時と場所は必然とも言える。
すなわちあなたと私の、(人の)生きる時空の重なりの必然性かも知れない。
奄美海族塾での出会いが人生のプラスになることをいつも願っています。

人は、経験を積めば、もしくは、残り時間が少なくなれば余分なものに諦めがつき、「これだけは、生きた証に表現しておきたい」というものに巡り合う。
それは、「思い」から「信念」に変わることであり、「覚悟」が決まることのようである。それを『宿命』とか『ミッション』とか言う人達もいる。

私の場合は、日本にマリンスポーツが入りたての頃、つまりインストラクターの存在しない時代、手探りで覚え、何度か死にかけながら覚えた技術、すなわち初心者の過ちを体験して生み出したインストラクションマニュアル、そのマリンスクールの技術で誰でも簡単にマリンスポーツができるようにする「海族塾」と、ウィンドサーフィンで島から島へと最長40kmを横断した経験、クルーザーによる島周遊、先祖からの伝承、この地の歴史研究などから得た知見に基づいて、考古学では、想像が難しいと思われる海からの視点で、中国、東南アジアと日本を結ぶ「道の島」を捉え、思いを発信することです。
海人の体感で、海道を検証していきます。
古代妄想?と言う人もあろうことを承知で、名づけて、「プリムヌ海道を行く」である。 

Yahoo!ブックマークに登録Add to Google 

a:43633 t:11 y:34

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional